ファッション雑誌で度々出てくる言葉”クルーネック”って?

クルーネックとは首の付け根を覆う、つまり鎖骨を見せないネックラインを持つ、アイテムを指す言葉です。
オリジナルTシャツなどは、このクルーネックであることが多いです。
場合によっては丸首と称することもあるので覚えておきましょう。

標準的であるU字ラインのTシャツと比べると鎖骨が出ないためか、すっきりした印象になるのがポイントです。
また肌の露出を抑えるその特性は品格を高めることに繋がりやすいので、その分ワイルドさなどが控えめに映る
傾向にあります。
もちろん、そこからアウターを使って品格の良さを更に高めても良いですし、ジーンズを取り入れて
シンプルでアクティブな印象を構築してもしっかり決まります。

ちなみにシャツを羽織って首元だけ見せるという使い方でも、クルーネックの魅力を表現できますので
機会があれば試してみてください。

そして、ネックレスなどアクセサリーを身に着ける場面でも
U字ラインで鎖骨を見せた状態とクルーネックで肌を見せない状態では意味合いや見映え効果が違ってきます。
使い分けを考えてコーデするとお洒落の幅もぐっと広がりますよ。

効果的にクルーネックのアイテムを使って普段と違った魅力を表現してみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です